居酒屋で焼酎を楽しむ極意

居酒屋で焼酎を楽しむ極意

居酒屋で焼酎を飲むとき、皆さんはどのようなことに注意を払っているでしょうか?
欲望のままに飲むお酒も美味しいですが、少し工夫すればお酒とおつまみの美味しさをより引き上げることが出来るのです。
今回は、焼酎を居酒屋で楽しみたいという人にぜひ知っていただきたい知識をご紹介します。

 

前提として覚えていただきたいのは、焼酎は単体で飲むよりもおつまみと組み合わせた方が美味しいという点です。
ビールのように乾杯と同時に盃を飲み干すというような飲み方はおすすめ出来ません。
アルコール度数が高く、香りの高い焼酎はゆっくり飲むのに適したお酒なのです。

 

おつまみを選ぶ際には、焼酎の原料となっている食材との相性を考えるのが手っ取り早い方法といえます。
米焼酎なら和食が合いますし、芋焼酎は根菜類を使った料理にピッタリです。
洋風な味付けであれば、洋食と一緒に食べられることの多い麦を原料にした焼酎を合わせておくと外れることは無いでしょう。

 

おつまみと焼酎が運ばれてきたら、まずは軽く焼酎に口をつけます。
お口の中に焼酎の香りが残っているうちに、おつまみを一口食べましょう。
そこで焼酎の香りとおつまみの風味が合わさったところで、焼酎を少しだけ飲むのです。

 

焼酎、おつまみ、焼酎という順番で食することは、どちらの風味も損なうことなく堪能するための手順といえます。
焼酎を提供する居酒屋は数え切れないほどありますが、焼酎好きの方であれば焼酎専門の居酒屋やバーがおすすめです。
取り揃えている焼酎の銘柄をホームページに記載しているお店もあるので、こうした情報をもとに居酒屋を探してみてください。