居酒屋での太らない飲み方

居酒屋での太らない飲み方

居酒屋に出かけながら太ることを心配したのでは、酒を楽しむことなどとてもできるはずがありません。
しかしほんの少しだけ気を付ければ、太ることを心配しないで酒と料理を楽しむことができます。
このサイトでは居酒屋での太らない飲み方を紹介しましょう。
多くの人が誤解している常識に、飲食で太る原因を「カロリー」と「脂質」と思っていることです。
正しくは飲食で太る一番の原因は「糖質」、すなわち炭水化物なのです。

 

糖質を多く含んでいる飲料や料理を摂取すると血糖値は急激に押し上げられます。
血糖値が急激に押し上げられると、いわゆる肥満ホルモンのインスリンが多量に分泌されるのです。
分泌されたインスリンは過剰に摂取したことで余った糖を脂肪に変換して脂肪細胞に蓄えますから、そのことが太ることにつながります。
これを理解しておけば居酒屋で糖質の少ないアルコール飲料を飲むのであれば、太ることをあまり心配しないで楽しむことができるのです。
糖質の多少でアルコール飲料を区分すると、「醸造酒」と「混成酒」は多めですが「蒸留酒」には含まれていません。
米・麦・ブドウなどを発酵させて出来た酒が「醸造酒」ですから日本酒・ビールまたワインなどが該当します。
ただし発泡酒・赤ワイン・白ワイン辛口などは糖質量の少ない酒です。

 

醸造酒や蒸留酒に香料や果実さらに糖分などを加えた酒が「混成酒」ですから梅酒・リキュールまたベルモットなどが該当します。
醸造酒を蒸留させたものが「蒸留酒」ですから焼酎・ウイスキー・ブランデー・ウォッカ・ジンなどが該当します。
なお糖質を含んでいない酒を飲んでも、料理が糖質を多く含んだものであれば結果的には太ってしまいます。
居酒屋の飲食で太らないためには、酒だけではなく料理も糖質(炭水化物)の低いものを食べることが大切です。
http://shibuya-miyako.com/