過剰なお酒の摂取がNG

過剰なお酒の摂取がNG

焼酎などのお酒は一定の量までなら飲むことでメリットが出てきます。
ですから、うまくお酒を飲むと良いでしょう。
しかし、過剰摂取はNGですので飲み方などに注意しましょう。

 

過剰摂取と言っても、どのくらいまでなら良いかわからない人が多いことでしょう。

 

基本的には純アルコール量20gとなっています。
しかし、人によってお酒への対抗が異なっていますので、
それ以上でもそれ以下の人もいるので注意です。

 

簡単に言ってしまえば少量ならお酒を飲むことで
メリットを出すことが出来るということです。

 

それでそのメリットですが、実は飲まないよりも良いです。
ですから、少量で飲んでいることは健康の一歩となります。
ですから、飲むことは良いです。
しかし、最初にも言ったように過剰摂取は良くないので量の調節に注意です。

 

ただし注意して欲しいのが、全ての人にそれが該当するとは限らない点です。
特に生活環境や海外の人ですとメリットが出てこないことがあります。
また、デメリットがでにくくなっている場合もありますので注意です。

 

何かしらの体に良い物、お酒と一緒に飲むことでメリットが出てくるものと
一緒に食べて飲むことで更にメリットを上げることが出来ます。

 

また、物によってはアルコールの中和により良くなることがありますので、
それらを使って適切なお酒の飲み方をすると良いでしょう。
和食やおつまみでそれを獲得できる場合があります。
ただし、あくまでもある程度の中和とメリットを多くするだけなので、
完全な過剰摂取をしてしまうとお酒の良くないところが出来ますので注意です。
銀座での接待では、いくら料理がおいしくてもお酒はほどほどにしましょう。