飲むのを辞める方がストレス

飲むのを辞める方がストレス

お酒は飲み過ぎるととても良くありません。
場合によっては病気の引き金になることもあります。
ですから、人によってはお酒を抑えているという人がいるかもしれません。

 

しかし、それはどちらかと言うとストレスになることがありますので注意しましょう。

 

お酒を多く飲む人は、病気になることがあります。
特にかなり飲む人によっては焼酎やカクテルなどを過剰摂取することがあるでしょう。
過剰摂取はとても良くありません。
基本的なお酒の吸収は40gくらいと言われているので、
それ以上飲むと体に残ってしまい良くないのです。
ですから、飲むのを抑えておいた方が良いでしょう。

 

それでお酒を辞めると、
今度はストレスが出てしまうことがあります。
実際ストレスもかなり良くないもので、ストレスから来る病気もあるくらいです。

 

故に、完全にお酒を断つというよりも、
少しずつ飲むことをおすすめします。
梅田にある個室居酒屋で飲んだ時に友人にも言われましたが
基本的にお酒は過剰摂取をしなければ良いのです。
むしろ少量なら体に良いので
ストレスを抱え込むくらいなら少量で飲んでむしろ健康的になればよいでしょう。

 

あとは、焼酎などを飲む時に食べるものです。
様々な料理と食材があり、それによって体に良い状態を作ることが出来ます。
少量でお酒を飲むことで出てくるメリットをうまく使いつつ
体に良い料理を食べることでより健康的な体に近づけることができるので、
少量のお酒と食事を考えてするようにしてください。
これは居酒屋でも出来る場合があります。

 

お酒を止めてストレスで倒れるよりも、
お酒を少量飲みストレスを緩和させつつ健康的な体にした方が良いので、
それを意識して生活をしていくことをおすすめします。