様々な焼酎を飲み比べる

様々な焼酎を飲み比べる

焼酎はワインや日本酒、バーボンといったお酒とは一線を画した特徴を持っています。
それは、様々な原料から造られるという点です。

 

麦焼酎や米焼酎、芋焼酎など、少し考えただけでこれだけの種類の素材から造られていることがお分かりいただけるはずです。
しかも、それぞれの焼酎が独自の味わいを持っており、合わせるおつまみについても相性の良さが異なります。

 

今回は、焼酎の素材ごとに食べ合わせていただきたいおつまみについて見ていきましょう。
お米を原料にした焼酎はお米の旨味が凝縮されています。

 

そのため、いわゆるおかずとして食べることの煮魚やすき焼きといった濃い味付けの日本酒に合わせていただくと美味しく感じられることでしょう。
回鍋肉などの中華料理やコチュジャンを使った炒めものなどの韓国料理もおすすめです。

 

麦焼酎はどちらかというと口当たりが優しく、甘みの強いお酒です。
この甘みはチーズなどの発酵食品と一緒に飲むとさらに引き立ちます。

 

ワイン代わりにチーズと合わせるのも美味しいですし、フレンチやイタリアンでよく見られるチーズリゾットもよく合います。
芋焼酎は九州地方発祥の香り高い焼酎です。

 

この香りに負けないような料理であれば、お互いの良さを打ち消し合うことなく美味しさを堪能出来ます。
例えば、香辛料をふんだんに用いたエスニック料理と合わせてみてはいかがでしょうか?

 

ガパオライスやトムヤムクンといったスパイシーな香りが特徴のエスニック料理は、芋焼酎のほのかな甘みで美味しさがより一層引き立ちます。
最近では様々な飲食店で焼酎を飲むことが可能になりました。

 

焼酎の原料に合わせて一緒に食べる料理を変えてみると、より焼酎を飲むのが楽しくなることでしょう。
美味しい焼肉と相性抜群のお酒があるお店はこちら