焼酎の甲・乙・混和

焼酎の甲・乙・混和

居酒屋では人気の高いアルコール飲料である焼酎には、
蒸留方法の違いによって2種類とそれらを混和した焼酎が1種類の合計3種類あります。
具体的には甲類焼酎・乙類焼酎・混和焼酎です。
川崎の居酒屋で宴会をするときにも、焼酎の種類を意識するだけでより味わい深いものとなりますよ。ぜひ、参考にしてみてください。
「甲類焼酎」は新式焼酎と呼ばれるように、
伝統的な焼酎のように旧型式の単式蒸留機ではなく連続式蒸留機で何度も蒸留を繰り返して造った新しい焼酎です。
アルコール度数36度未満の甲類焼酎は、
大麦やトウモロコシをはじめ糖蜜などが原材料として使われています。

 

原材料を何度も連続式蒸留機で蒸留することから取り出されるアルコールは純度が高く、
無色透明でクセのない味わいであることが特徴です。
そのことからロックで楽しむだけでなく酎ハイやサワー、カクテルや果実酒などに利用されます。
また低カロリーなうえに悪酔いすることが少ない点も大きな特長といえるでしょう。

 

「乙類焼酎」は旧式焼酎と呼ばれるように、
新式焼酎のように連続式蒸留機で何度も蒸留するのではなく
旧来からの単式蒸留機で1〜2度蒸留して造った伝統的な焼酎です。
アルコール度数は45度以下の乙類焼酎は蒸留の仕組みが非常にシンプルなことから
原材料の香味成分も抽出され、独特な風味や香りとして焼酎に残ります。
原材料に使われているのは薩摩芋・そば・米・麦などのほか
黒糖・ゴマ・栗さらには人参・紫蘇など実にさまざまです。
本格焼酎とも呼ばれている焼酎乙類は、ロックや湯割りで飲むことで焼酎本来の味わいを楽しめます。

 

「混和焼酎」は甲類焼酎と乙類焼酎をブレンドした焼酎です。
甲類に風味をプラスするために乙類をブレンドしたり、
乙類の臭いを和らげるために甲類をブレンドしたりします。
甲乙のいずれをベースにするかで「甲類乙類混和」、
「乙類甲類混和」と呼び方が異なります。