居酒屋での焼酎の楽しみ方

居酒屋での焼酎の楽しみ方

居酒屋のタイプにもよりますが、居酒屋でもいろいろな焼酎を楽しむことができるようになってきました。
特に焼酎居酒屋と呼ばれる居酒屋では、実にさまざまな飲み方で焼酎を提供してくれます。
焼酎を初めて飲む人や飲み慣れていない人は、こうした焼酎専門の居酒屋でのスタートがおすすめです。
新宿でもそんな居酒屋が見つかることでしょう。

 

居酒屋の場合、一般的な焼酎の飲み方としてはロック・水割り・湯割り・焼酎ベースのカクテルといったところでしょうか。
これらの飲み方のうち焼酎本来の香りと味わいを感じることができるのは、
やはり乙類焼酎を「ロック」で飲むことです。
居酒屋で提供されているのは20〜25度のものがほとんどで、
芋・米・麦・蕎麦などを原材料に使用して黒麹や黄麹、白麹などの麹で発酵して造られています。
乙類焼酎の香りを敬遠する人も少なくありませんが、ロックで飲むと香りは少しやわらかくなります。
「湯割り」は焼酎好きな人に支持されている飲み方です。ロックよりも強い原材料と麹の香りと味わいを楽しめます。
「水割り」は焼酎のやわらかい味わいを楽しめる飲み方です。
氷を入れたグラスに焼酎を注いでから自分好みの濃さになるまで水を加えます。
水と焼酎の割合の違いが飲み口の違いに反映しますので、色々な割合で楽しめます。
焼酎をベースにした「カクテル」の代表は、「チューハイ(サワー)」です。
一般的には無色無臭の甲類焼酎を使うことが多いのですが、あえて乙類焼酎を使うものもあります。
こうした飲み方のほか居酒屋によっては「梅酒を加えた焼酎梅酒・お茶を加えたお茶割り・フルーツを搾って加えた生搾り割り」、
さらに昔からある「コーヒー割り・蜂蜜割り・野菜ジュース割り・りんご酢割り・シナモン割り・牛乳割り・きゅうりロック」なども、
焼酎の楽しく美味しい飲み方です。