焼酎と日本酒の違い

焼酎と日本酒の違い

焼酎も日本酒も居酒屋などで多くの人に飲まれる日本独自の酒ですが、
そうした人でも日本酒と焼酎の違いを知っている人は意外と少ないようです。
そこでこのサイトでは両者の違いについて明らかにしておきましょう。

 

大きな違いは次の3点です。
1つ目は「主原料」の違いです。焼酎の代表的な原料はさつま芋・米・麦・そば・黒糖などで、
基本的には何を使用しても問題ありません。たとえば本格焼酎の中にも、
次のようなユニークな原材料を使用した焼酎が現実に市販されています。
えのきたけ、かぼちゃ、しいたけ、しそ、たまねぎ、トマト、にんじん、
ねぎ、くり、ごま、あしたば、れんこん、抹茶、ウーロン茶、
緑茶、アロエ、サフラン、サボテン、こんぶ、のり、わかめなど、列挙しきれないほどです。
一方 日本酒の主原料は米です。
麦芽を発酵させればビールに、ブドウを発酵させればワインになるといわれるように、
米を発酵させれば日本酒になります。

 

2つ目は「製造法」の違いです。焼酎は蒸留酒です。
蒸留酒は原料を発酵させてできたアルコール(醸造酒)に、熱を加えて気化させます。
それを冷やして再び液体に戻すことから、アルコール度数の高い酒が蒸留酒です。
焼酎は醸造した酒(醸造酒)をさらに蒸留した酒といえます。
一方日本酒は醸造酒です。
原料をアルコール発酵させて造ったものが醸造酒ですから日本酒は蒸留しません。

 

3つ目は「度数」の違いです。
熱を加えて蒸留することで焼酎は高い度数になります。
この蒸留した酒に水を加え、度数を20〜45度に調整して出荷されます。
一方日本酒は醸造酒ですから、酵母の発酵によってアルコールが造られます。
この酵母はアルコール濃度が高くなると死んでしまうことから、
法律でも定められている22度未満の度数で造られます。
さらに造った日本酒に水を加え、15度に調節して製品化するのが一般的です。