九州は焼酎の本場

九州は焼酎の本場

九州地方は焼酎の本場として知られています。
もともとお米が育ちにくい土地柄で、その代わりにサツマイモや麦などを作る傍ら、焼酎の製造に着手したという歴史があります。

 

今回は、そんな九州の焼酎の特徴について詳しく見ていきましょう。
一口に九州の焼酎といっても、その味わいは多岐に渡ります。

 

同じ原料を用いた焼酎であっても、地域ごとに全く味が異なることも珍しくありません。
麦焼酎がその良い例といえます。

 

もともとは長崎県の壱岐島で作られていた麦焼酎ですが、それが九州本土まで伝わり、現在では日本各地で飲まれるようになりました。
壱岐焼酎の特徴は、壱岐島の水を使うことで他の麦焼酎には無いクリアな口当たりを実現している点です。

 

昔ながらの麹の配合や伝統的な製法を守る一方で、新たな味わいを求めて日々開発を続けています。
大分県も麦焼酎の産地として有名です。

 

麹から原料まですべてを麦で構成した100パーセントの麦焼酎は、様々な料理と一緒に
飲むお酒としての焼酎の立場を確立しました。

 

上品な香りと、水やお湯、ジュースなどで割っても美味しくいただける飲みやすさは、若い世代に焼酎を広める役割も果たしたのです。
大分県のお隣にある宮崎県でも、焼酎造りが盛んに行われています。

 

軟水を用いているため口当たりが優しく、まろやかな風味がお口全体を包むのが宮崎焼酎最大の特徴です。
ご紹介したような焼酎の違いを肌で感じたいという人は、ぜひその地域まで旅行に出かけてみましょう。

 

地域とともに発展してきた焼酎は、その土地の空気やご当地料理と一緒に味わうことで、より美味しくなるのです。

 

立川 居酒屋はお酒が美味しいです。