焼酎を美味しくするおつまみとチェイサー

焼酎を美味しくするおつまみとチェイサー

焼酎をのむとき、皆さんはどのようなおつまみを一緒に食べているでしょうか?
いわゆる本格焼酎と呼ばれるお酒はどれも個性が強く、それだけでも美味しく飲めてしまいます。

 

しかし、おつまみを工夫することでその美味しさをさらに引き上げることが出来るのです。
おつまみの選び方として知っておいていただきたいのが、焼酎の原料です。

 

例えば、芋焼酎の原料であるサツマイモの料理といえば、大学芋を思い浮かべる人が多いと思います。
糖蜜で甘さがさらに引き立てられたサツマイモは、他の野菜とは一線を画した味を誇っています。

 

こうした原料の特徴を踏まえると、サツマイモは比較的甘めのおつまみと一緒に食べても美味しくいただけるという予想がつきますよね。
焼酎は原料の風味を最大限活かしたお酒なので、こうした考え方でおつまみを決めていくのは理に適っているといえます。

 

米焼酎であれば、ご飯が進むすき焼きや焼き魚が良いパートナーとなってくれることでしょう。
こうしたおつまみ以外にも、焼酎をさらに美味しくしてくれるアイテムがあります。

 

それはチェイサーです。
チェイサーとはお酒の一緒に飲むソフトドリンクのことです。

 

基本的には水がその役割を担うことが多いのですが、飲み合わせを考慮しながらチェイサーを選ぶことで、焼酎はさらに美味しくなります。
おすすめは柑橘類を数滴絞った炭酸水です。

 

香り高い焼酎に合うおつまみは、味が濃い傾向にあります。
焼酎とこうしたおつまみを何度も口に運んでいると、舌の感覚が鈍くなり、美味しさを感じにくくなってしまうのです。

 

ここにシュワッとした炭酸水が加わることで、お口の中がリフレッシュされます。
さらに柑橘類の酸味が食欲を刺激し、再びおつまみと焼酎に向き合う準備が完了するのです。
おつまみとの相性やチェイサーとの飲み合わせにこだわりながら、焼酎を楽しみましょう。