地域の特産を活かした焼酎

地域の特産を活かした焼酎

焼酎が他のお酒と趣を異にしている点は、原料に関して特段の規定がないという点です。
極端なことをいってしまうと、発酵させることが出来るものならなんでも焼酎になります。

 

今回は、そんな中でもご当地の名産を活かした面白い焼酎をご紹介します。
北海道の焼酎としてぜひ皆さんにお試しいただきたいのがジャガイモ焼酎です。

 

ご存知の通り北海道は美味しいジャガイモの産地です。
ここで獲れたジャガイモを焼酎にするという発想が生まれても不思議はありませんよね。

 

北海道は豊かな自然が魅力の大地です。
当然のことながら水も澄んでいます。

 

この水が焼酎の美味しさの決め手になっているのです。
ジャガイモの甘さと独特の香りが凝縮され、美しい水がスッキリとした飲み口を演出。

 

そんなジャガイモ焼酎をぜひ一度飲んでみてください。
熊本県には牛乳を原料にした焼酎を造っている酒蔵があります。

 

牛乳を発酵させると、フルーティーな香りが生まれることをご存知でしょうか?
牛乳焼酎はその香りとクリーミーな風味を残しつつ、アルカリ温泉水で軽快な飲み口に仕上げているのです。

 

焼酎というと辛いお酒というイメージが先行しているかもしれませんが、牛乳焼酎はフルーティーで飲みやすい焼酎として密かに人気を集めているのです。
静岡県の名物といえば、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

 

多くの人がお茶と答えると思います。
ご想像の通り、静岡県でお茶を原料にした本格焼酎が作られているのです。

 

お茶の爽やかな香りと口に含んだときの柔らかい口当たりは、焼酎と思えないほどの飲みやすさです。
新茶を使用しているため香りが強く、飲む前から私たちの鼻腔を刺激する極上の一杯です。
地域の特産を活かした焼酎を、ぜひ一度飲んでみてください。

 

藤沢 イタリアンで楽しいお酒を飲みたいですね。