素材の味をさらに美味しく

素材の味をさらに美味しく

焼酎は、独特の風味に対して好き嫌いが分かれるお酒でした。
特に芋焼酎は、その他の焼酎に比べてクセが強かったのでなかなか人気が出なかったという歴史を持っています。
そんな状況を一変させたのが、焼酎専用のサツマイモの開発です。
平成6年に開発された「ジョイホワイト」という品種を原料とした焼酎は、
豊富なデンプン質のおかげでフルーティーな甘さとスッキリした後味を兼ね備えています。
ジョイホワイトが使われている銘柄で有名なのは、宮崎県の「鰐塚」や「ひとり歩き」です。
居酒屋に置いてあったら、ぜひご自身の舌で今までの芋焼酎との違いを実感してみてください。
飲みやすさという点では、米焼酎も負けてはいません。
和食の要であるお米を原料としているので、食事の味を邪魔しない軽やかな口当たりが魅力です。
深い味わいが欲しいという方は、熊本の「武者返し」という銘柄がオススメです。
常圧蒸留と1年以上の熟成によって形成された風味に、米の奥深さを感じ取ることが出来るでしょう。
特有の香りで私たちを楽しませてくれるのがソバ焼酎です。
宮崎県の「雲海」という銘柄が有名です。
米や麦の麹と組み合わせられることで生まれた味わいは、蕎麦湯と混ぜることでいっそう引き立ちます。
麦焼酎の火付け役といえば「いいちこ」です。
芋と同じように焼酎向けの麦の品種改良が進んでおり、飲みやすい焼酎として世間に認知されてきました。

熟成期間が長いほど、スッキリとした味の中にもコクが生まれるのが特徴です。
飲みやすさや素材の味。
焼酎にはそれぞれ売りにしている特徴があるので、それを見極めたうえで何を飲むか選択しましょう。