焼酎といえばお湯割り

焼酎といえばお湯割り

焼酎は古くから日本で飲まれているお酒の一つで、糖分を含む原料を発酵させた液体を蒸留することで作られます。
素材の味がより引き立ち、香りとコクが高まった焼酎は、晩酌の相棒としても最適ですし食事のお供にもピッタリです。
お湯割りは、そんな焼酎の味わいをさらに深める飲み方といえます。

 

焼酎の注がれたグラスにお湯を加えるだけという単純な飲み方ですが、実はこれが驚くほど焼酎の味わいを変化させるのです。
お湯を粗注ぐことによって焼酎の温度が上昇し、香りが立ち上ります。
そのままでも充分なほど強かった焼酎の香りがより引き立てられるので、焼酎好きの方は思わず唸ってしまうでしょう。

 

お湯割りはどのような焼酎にも合う飲み方ですが、特におすすめなのは芋焼酎です。
芋焼酎とはサツマイモを原料にしている焼酎のことで、鹿児島をはじめとした九州が名産地として有名です。
サツマイモの仄かな甘みと熟成による香ばしさは、焼酎を飲み慣れない人にも心地良く感じられることでしょう。

 

お湯割りにした芋焼酎は、サツマイモの風味が強まり、より飲みやすい味わいになります。
お湯割りをさらに美味しくするには、使われている水にもこだわりましょう。
口当たりが優しい軟水を利用すると、デリケートな焼酎の味わいを壊すことがありません。

 

お湯割りにした焼酎は、ロックやストレート以上に食事のお供として活躍の幅が広がります。
特に、魚介と合わせて飲んでいただくのがおすすめです。

 

魚類の豊かな風味をお口の中で感じたいときは、お刺身が良いでしょう。
焼酎のお湯割りは魚の食感や味わいによくマッチしますし、お寿司についても同様です。