お悩みに合わせた焼酎の飲み方

お悩みに合わせた焼酎の飲み方

焼酎は日本酒やビールに比べて癖が強く、お酒を飲み始めて間もないという方には敷居が高い種類のお酒かもしれません。
しかし、何度も飲んでいるうちにその味わいが焼酎の魅力だということに気づいていくのです。
とはいえ、一度苦手意識が出来てしまったお酒は敬遠されがちです。

 

そこで今回は、焼酎の飲みにくさを改善するための飲み方について詳しく見ていきましょう。
焼酎の醍醐味は、食材を発酵させることで生まれた香りです。
芋や麦、お米など糖分を含むあらゆる食材は、焼酎の原料になり得ます。

 

ニンジンや黒糖、カボチャにトマトなど、お酒の原料になるとは思えない食材を原料にした焼酎も存在するのです。
焼酎の香りが苦手という人は、あえて変り種の焼酎に挑戦することで、自分に合った味わいを探してみるのも一つの手段といえます。
焼酎の香りを薄めるには、水割りがおすすめです。

 

焼酎が注がれたグラスに水を入れて、軽く混ぜるという非常にシンプルな飲み方ですが、焼酎のベテランからビギナーまで幅広く虜にしている飲み方です。
スッキリと鼻に抜ける味わいは、食事のお供として焼酎を飲みたいという人にも受け入れられています。
初めは水の割合を多めに、慣れてきたら水と焼酎を同量から逆転させていくと、焼酎そのものの風味に抵抗がなくなり、美味しく感じられるのです。

 

焼酎に氷を浮かべるロックという飲み方も焼酎ビギナーに挑戦していただきたい飲み方です。
初めは焼酎の香りが強いので、グラスを軽く回すなどして氷を溶かしましょう。

 

段々と焼酎の匂いが薄くなってくるので、自分が飲めると感じた段階で口をつけます。
ご紹介したような方法で焼酎を堪能しながら、楽しいひと時をお過ごしください。