焼酎に合う和食とは

焼酎に合う和食とは

海外から美味しいお酒が輸入されるようになった昨今でも、焼酎は幅広い世代の方々から支持を集めています。
その理由として考えられるのが、日本人の食の故郷ともいえる和食に合うという点です。
そこで今回は、焼酎に合う和食について詳しく見ていきましょう。

 

最初にご紹介したいのが煮物です。
和食における煮物といえば、醤油や砂糖をベースにした甘しょっぱい味付けを想像する方が多いことでしょう。
この味わいは、焼酎独特の風味や舌触りと絶妙にマッチします。

 

特におすすめなのが米焼酎や麦焼酎です。
米焼酎はその名の通りお米を原料にしていますから、ご飯に合うおかずであれば大抵の場合美味しくいただけます。
匂いがきつい印象の芋焼酎ですが、しっかり味が浸みた煮物と合わせることでそれが中和され、焼酎をあまり飲んだことが無いという人も問題なく楽しめることでしょう。

 

似たような味付けのすき焼きも焼酎と一緒に楽しんでいただきたいメニューといえます。
米焼酎とすき焼きは箸が止まらなくなる組み合わせなので、食べ過ぎにご用心ください。
山菜や野菜をシンプルに揚げた天ぷらも焼酎のお供に最適です。

 

サクッとした食感と焼酎の喉に浸み込む喉越しを同時に体感したら病みつきになること間違いなしです。
野菜をおすすめするのは、焼酎の原料である穀物との相性が良いからです。
熟成された旨味がふんだんに香る焼酎は、野菜の繊細な甘みを引き立てます。

 

お口の中で噛んだ後に広がるアツアツの食感を焼酎と共にご賞味ください。
日本で昔から食べ荒れている和食と焼酎の相性は探求すればするほど奥深く感じられます。
皆さんの舌に合う食べ合わせを探してみるのも焼酎の楽しみ方の一つなのです。